全部まとめられなかったら申し込まない?

おまとめローンに申し込みをしてみたら、現在の借入額全額をまとめることはできないという審査結果になってしまうこともあります。複数のローンを一つにすることは、どうしてもその一つの借り入れ先での借入額が大きくなるわけです。大きな金額を借りるのはそれだけ高い信用度が求められます。

例えば、30万円を2件、20万円を1件借り入れていて、合計80万円の借入残高があるとしましょう。これをどこか一社でまとめるべく申し込みをした際に、80万円全てまとめられない場合もあります。例えば60万円だけ、50万円だけといったおまとめ可能な額が審査によって決定されるかもしれません。

こういった時には、「まとめられないから止めておこう。」としてしまわず、金利が高いローンから順に少しでも金利を低くすることができれば、どれぐらいのメリットが自分にもたらされるのかを再度シミュレーションしてみましょう。金利が高いものから少しでも負担を減らすことで、借り入れ先は大きく減らすことができなくても、利息の軽減などができるのならまとめる価値はありそうです。

おまとめローンの審査は厳しい、通りにくいといった情報を見かけることもあるでしょう。しかし、おまとめローンだから特別審査が厳しいというのではなく、金融機関としては確実に返済できる申し込み者に、確実に返済できる額を貸したいというのが本当のところです。大きな金額をまとめることができない場合は、とにかく負担を減らすことで完済の時期を近づけるようにしてみましょう。

複数のローンを抱えていると、返済モチベーションを保つことが難しくなる場合もあります。「もう遅れてしまってもいいか。」と考えることで、延滞の履歴が残るようなことになっては大問題です。延滞の履歴はおまとめローンだけでなく、あらゆるローンを利用できなくなってしまうからです。少しでも自分の返済への気持ちを保てるような方法を見つけることも、返済期間が長くなっている場合には大切なことになります。


Comments are closed.